筋肉量と寿命


 

筋肉量は、筋肉を構成するたんぱく質の代謝(合成と分解)によって決まります。

合成が多ければ増え、分解が多ければ減りますが、この代謝には加齢と生活習慣が深く関わっています。

筋肉の量が減ると、転倒したり、病気にかかったりするリスクが増えます。

また、筋肉量が多いほど長生きできることもわかってきました。

20歳ごろを過ぎると少しずつ筋肉量が減っていき、70歳代では20歳代の4割程度に減少するみたい、、Σ(‘◉⌓◉’)

特に、30~50歳代の中年期にあまり運動をしないで過ごすと、筋肉が急激に減少する可能性もあります。

最近、75~84歳の高齢者の歩く速さと、10年後の生存率を調べた研究で、筋肉の量が多いほど長生きできることがわかってきました!!

普通以上の速さ(毎秒1.4m以上)で歩けるグループと、歩行速度が遅い(秒速0.4m未満)グループとを比べると、10年生存率に3倍!!程度の開きがあることがわかったのです。

この結果は、歩くのが速い人、すなわち筋肉量が多い人ほど長生きできることを表しています。

今、歩くのが遅い人も、運動や適切な食事などによって速く歩くことができるようになれば、長生きも出来る!!

筋肉は何歳でも鍛えることができて、遅いという事はないのです!

あなたも運動不足とわかってますよね!

まずは週1回からでもやってみませんか!?

トレーニングだけではなく食生活の事指導させていただき、アナタだけのメソッドを提供させていただきますよ♪

 

〜パーソナル&加圧 Studio B.T.front〜

03-3707-1710

HP→http://www.studio-btf.jp

初めての方はhttp://studio-btf.jp/blog/2017/02/19/当スタジオへの行き方/
スタジオ紹介&行き方です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA