水だけでは熱中症対策にならない!?

こんにちは 吉田です

そろそろ覚えていただけたでしょうか。

8月になり暑さもきびしくなってきました

特に運動をせず外出しただけで汗が滝のようにながれます。

水分補給しっかりしていますか?

これを怠ると熱中症になってしまいます。

 

熱中症とは?

熱中症とは、熱によって起こるさまざまなからだの不調のことをいいます。暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量(ナトリウム)のバランスが崩れたりすることが原因です。

 

熱中症にはレベルによって症状が異なってきます

Ⅰ度 大量の発汗、めまい、立ち眩み、筋肉痛

大量の汗によって血液の量が減少するため、脳への血流が不十分になり、めまいや立ちくらみを起こします

この段階は、現場での応急処置で対応できる軽症です。

ジムに来ていただいた後に起こる筋肉痛はトレーニングによるものなので安心してください

 

Ⅱ度(熱疲労・熱疲弊) 頭痛、吐き気、嘔吐

これらの症状が現れたらすぐ病院に行きましょう!

 

Ⅲ度(熱射病)意識障害 痙攣 運動障害

緊急入院して集中治療を行う必要があります!

 

対策

前置きが長くなりましたが、今回は数ある対策の中でも飲み物をピックアップしてお伝えしたいと思います!

効果的な飲み物

経口補水液 スポーツドリンク ルイボスティー 牛乳など

なぜ上記のドリンクが効果的かというとミネラルが豊富だからです!

なかでも経口補水液だとさらにGOOD!

経口補水液はヒトの体液に最も近い液体なので、吸収がはやいため即効性がたかいです。

熱中症の原因は水分不足と塩分不足によるもので、ミネラル(無機質)の中にも塩分は含まれており、水分と塩分を同時にとることが出来るためおすすめです!

 

NGな飲み物

カフェインの多いもの 糖質の高いもの アルコール

これらの飲み物には、利尿作用があり、体内の水分を余計に排出してしまうからなんです!

あと「爽快感があるから炭酸水!」

実はこれもNG!!

炭酸水は意外かもしれませんが水分量が少ない!

炭酸のガスにより体積が増え同じくらいの量にみえているだけで、普通の水の4分の3しかないんです!

 

さらに水だけ飲んでしまうと水分は摂れますが塩分が取れず、むしろ体内の塩分濃度が下がってしまい、脱水症状は防げますが熱中症対策としては不十分

汗をかいて失ってしまった塩分をいかにとるかが重要になります!

 

飲みかたポイント

  • こまめにとる
    • 喉乾いたと感じる前に飲みましょう
  • 常温で飲む
    • できるだけ体温に近い温度で飲むことで吸収がはやくなります

 

吉田流ポイント

スポーツドリンクは薄めて飲む!

スポーツドリンクは実は吸収が遅いため即効性があまり高くありません!

水で薄めて飲むことによって身体への吸収速度が早くなります!

また、薄めて飲むことにより得られる水分量がふえるのでまさに一石二鳥です!

私はこの方法を高校生のころから実践しており、その成果もあってか真夏のめっちゃ暑い中、部活動のバスケを5時間以上していましたが熱中症になったことがありません!!

 

場合によっては命を落とすこともある熱中症。

最近ニュースでもよく救急搬送される話をききます。熱中症は誰もがなりうるものです。

しっかり対策をし、夏を満喫しましょう!!

 

 

〜パーソナル&加圧Studio B.T.front〜

03-3707-1710

HP→http://www.studio-btf.jp

初めての方は

当スタジオへの行き方

スタジオ紹介&行き方です♪

ブログはコチラ↓

http://studio-btf.jp/blog/

LINE@はこちら↓

ID:@jqx7715c

Twitterはこちら↓

@BTfront1

弊社代表のInstagramはコチラ↓

https://www.instagram.com/yasutakaaa/
ホットペッパー
@paradigm0818

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA